ダイソー商品でリハビリシリーズ

ダイソー活用術(9) ~ぐらぐらおはしゲーム~

投稿日:2016年11月30日 更新日:

 

先ずは4コマ漫画から…。

指の巧緻性訓練の機器を作ると言ってくれた理学療法士

巧緻性訓練の機器を作ろうと燃えている理学療法士

巧緻性訓練機器が完成して利用者に好評を得たイラスト

巧緻性訓練機器の耐震補強をする理学療法士
【4コマ漫画】老人ホーム日記

ダイソーで安価に買えて、簡単に出来るリハビリをご紹介する。手作りゲームを作ってみよう。

 

スティッキー

今回は、HABA社が世界に誇る人気ゲーム「スティッキー」を、ダイソーで買い集めた商品を利用して作ってみよう。名付けて「ぐらぐらおはしゲーム」(ちょっとネーミングが…?)。棒をたくさん束にして、1本1本抜いていくという、とてもシンプルなゲームである。棒の束を倒してしまった人が負け…とルールは簡単で、誰にでも楽しめるゲームだ。微妙なバランス感覚や観察力が必要なので、指先のリハビリには持って来いのゲームである。

 

準備するもの

・箸
・木材
・のこぎり等
・絵の具

 

作り方

①箸の他に、色々な太さの木材を用意する。長さは20~25cm程度が良いかも知れない。

②木材の真ん中に、直径4cm程度の穴を空ける。

③穴に棒を差し込んだら完成。

 

 

遊び方

①1人ずつ棒を抜いていって、棒が崩れたら負け。

②棒に色を付けて、サイコロで出た色を抜いていくという遊び方もある。

③色に点数を付けて、得点を競う方法も良いかも。
赤10点
黄 5点
青 3点

ご精読ありがとうございました