ダイソー商品で車椅子調整シリーズ

ダイソー活用術(40) ~パンクした車椅子を修理に出す前にすべき事~

投稿日:2018年4月7日 更新日:

 

空気の抜けた車椅子、皆さんはどうしてるだろうか。業者さんに修理依頼をするのが妥当だが、概ね1,000〜2,000円程度かかってしまう。

今回は、ダイソー商品で手軽に出来るパンク修理法をご紹介しよう。


【4コマ漫画】老人ホーム日記

 

 

タイヤの空気が抜ける理由

空気が抜けてしまう理由は、主に次の2つが考えられる。

ポイント

チューブに穴が空いている(業者さんに頼む)

虫ゴムが劣化している(自分で出来る

 

 

虫ゴムは劣化し易い!

業者さんにパンク修理を頼む前に、「虫ゴムの劣化」を疑ってみたい。このゴムが劣化すると、中の空気が漏れてしまう。車椅子のパンク症状の多くは、この「虫ゴム」が原因であると考える。ダイソー商品で手軽に交換できるため、試してみる価値は高い。

 

虫ゴムの交換方法

①以下の金具を取り外す。

②2つの金具を取り外す。

③黒いのが「虫ゴム」である。このゴムが劣化すると空気が漏れていく。もし亀裂が入っているようだったら、交換しよう。

 

ワンポイント

虫ゴムをはめ込む時には注意が必要だ。

金具のくびれた部分よりも上まで覆わないと、空気が漏れてしまうので気を付けよう!

 

虫ゴムを交換しても空気が漏れてしまう場合

タイヤの内面にあるチューブに穴が空いている可能性が高い。補修はやや難しい技術が必要。ダイソーに「パンク修理キッド」が売っているが、自信の無い人は業者さんに頼もう。

因みに、車椅子タイヤは自転車タイヤ修理法とほぼ同じ。


(引用『カインズオンライン』;ttps://www.cainz.com/jp/howto/sumai/bicycle_maintenance_02/)