老健の理学療法士が「介護とリハビリ」について考えます。

4コマ漫画で考えるリハビリ脳の作り方

ダイソー商品

ダイソー商品の活用(18) ~片手で出来るボタンエイド~

投稿日:2016年11月30日 更新日:

ダイソーで安価に買えて、簡単に出来るリハビリをご紹介します。今回はちょっと趣向を変えて、「ダイソー商品で作れる自助具;ボタンエイド」についてご紹介したいと思います。ご一読ください。


 

■片手でボタンを留める
手指などに障害がある人が、ボタンを留めるための自助具です。市販品で、数種類販売されていますが、色々な形のものが販売されているので、購入する際は吟味が必要ですね。

 

 

■当施設の利用者様も使っています
この利用者様は、とても器用な発明家で、自作したボタンエイドを使って日々の着脱を行なっています。
556 557

 

 

■作り方
ダイソーで集めた商品を使って、実際に作ってみましょう。

①「針金ハンガー」と「縄跳び」を購入します。
558559

②ハンガーを切断し、大まかに型を付けます。
560

③縄跳びを分解して、針金を巻き付けます。
561

④200円で作れました。
552

 

 

 

■使い方
①ボタン穴に針金を通す。
562

②ボタンを針金に引っ掛ける。
563

③左右に動かしながらボタンを引っ張り出す。
564

④身体に沿わせて半回転させて針金を外す。
565

 

(なお、作り方は「FP-Yoshikawaの介護日記」様を参照させて頂きました。有難うございました。 http://fp-yoshikawa.cocolog-nifty.com/fp_yoshikawa/2012/05/post-8640.html

 

ご精読ありがとうございました

 

 

 

 


 

 

WPパソコン

WPパソコン

-ダイソー商品

Copyright© 4コマ漫画で考えるリハビリ脳の作り方 , 2017 All Rights Reserved.