独り言

(独り言)サザエさん症候群

投稿日:2018年12月21日 更新日:

今日、仲間が1人退職した。

辞める理由は人それぞれだから、引き留めるような事はしないのだが、

でもやっぱり仲間が辞めるのは寂しい...。

人は誰しも、仕事を辞めたくなる時がある。

かく言う私も、転職を数回繰り返している。

仕事が嫌になると全てがマイナス思考となり、日常生活の全てが苦痛へと変わるのだ。

そんな時は仕事が手につかなくて。

一刻も早く家に帰りたくて、1時間毎に時計を眺めたりして。

机に「あと〇〇時間」と書いた付箋を貼って、カウントダウンしたりして。

土日休みの「金曜日」は、気持ちが1番「楽」な日となる。

土日休みの「月曜日」は、気持ちが1番「辛い」日となる。

しかし辞めたい症候群の人は、ちょっと一味違う。

憂鬱の最高潮は月曜の前、「日曜日」に来るのだ。

日曜日、頼みもしないのに「笑点」の陽気な曲が流れ出す。

呼んでもないのに「サザエさん」が追い討ちをかけに来る。

心は奈落の底に突き落とされる。

日曜日に憂鬱が来るならまだいい。

更にひどくなると、早くも土曜から憂鬱がやって来る。

土日連休なんてすっ飛んでしまい、頭の中は月曜が迫る恐怖で埋め尽くされる。

 地獄だ。

プックオフでプラス思考の本なんかを読んでみる。

『憂鬱になるのは仕事に行ってる時なんだから、その他の時間は仕事のことを忘れて、休日を楽しみなさい』

『今、ここを大切に生きるんだ』

...それが出来りゃ悩んでないよ。

そんな思いもつゆ知らず、

今日もサザエさんがテレビの奥からやって来た。

相変わらずテンションが高い...

毎週日曜6時半、

1秒たりとも遅刻せず。

もう貴女に皆勤賞を差し上げちゃいます...

不思議な事がもう一つ。

日曜6時半の摩訶不思議。

全く見たいと思わないのに、選ぶのは何故かフジテレビ。

サザエさんのフジテレビ...

チャンネル8個もあるはずなのに、

テレビをつけなくてもいいはずなのに、

吸い込まれるようにフジテレビ。

サザエさん症候群、恐るべし!

さて、気を取り直してテレビに目を向ければ、

サザエさんがマスオさんタラちゃんカツオワカメ波平フネを引き連れて、

サンタの衣装を身にまとい、笛を吹きながら右から左へと流れていく。

もうどうにでもなれと、一緒に歌っちゃったりなんかしてみる。

「♪お魚くわえたドラ猫、追っかけて〜♪」

お魚くわえた自分が、ドラ猫に追っかけられて胸が苦しくなる。

幻覚か?

「♪皆んなが笑ってる、お日様も笑ってる〜」

皆んな俺のことを笑ってるんだ!

「ルルルルルル、今日もいい天気〜♪」

そんな気分になれやしない⤵︎

さて...

そろそろ現実に戻ろう...

職場で長く仕事を続けるためには、どうすれば良いか。

実は、これって意外と難しい。

こんな話がある。ヘリコプターの操縦士の話しだ。

『遭難した船の上空でヘリを静止させ、救難員をロープで吊り下げて降ろす。強風などの悪条件の中で、同じ位置にヘリをとどめることは、極めて高度な技術が必要だという。「動かない」というのは、意外と難しい。動くことのほうが、簡単だと言う』(引用:日経ビジネスオンライン)

そう。とどまることって難しい。

動いちゃった方が楽なのだ。

じゃあ転職しちゃえばいいってこと?

んー、またマイナス思考だ...

辞めずに仕事を続けるためにはどうすれば良いのか?

そんな悩みを持つ人のための、まとめ記事があります。

おヒマな人はどうぞ...。

【関連記事】『職場の中の心理学 〜辞めたくなった時に読むサプリ〜』