人間関係論シリーズ

ABC理論 ~ゴキブリを好きになる方法~

投稿日:2016年11月26日 更新日:

 

なんと... !

先日、利用者様のストレッチを行なおうと靴を脱がせたら、中からぺちゃんこになったゴキブリが出てきたのだ!!。虫嫌いの自分にとって、ゴキブリは人類史上最大の敵なのだが、目の前に利用者様がいる手前、大声を出すわけにもいかず、男らしさを全面に出して涼しい顔で処理した(すぐにミューズで手を洗ったけど…)。今回は「ゴキブリを好きになる方法」について考えてみよう。

 

ゴキブリが嫌われる理由

さて、何故ゴキブリは皆から嫌われるのだろうか。自分はあのどす黒い色、テカテカしたツヤ、見ただけで寒気がする。なぜ世の中にこんな生き物が存在するのか。

ゴキブリを嫌いになる心理について、柚木深氏の「教えてGOO」内の記事から。対談の中で「心理学者、内藤誼人」氏は、次のように述べている。

『これは観察行動だと思います。例えば、幼い頃に両親や友達がゴキブリを見て、うわあ~と叫んでいる場面を目撃して、そこから自分も嫌いになるのでしょう。本能というより、観察して学習した結果だと思います。ゴキブリを嫌わない文化では、ゴキブリを見ても両親も友達もだれも叫びません』
(参考;ttp://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/2363761c3a05c3e42c51ad71aa8ef4e1/)

どうやら、小さい頃に味わった「観察して学習したトラウマ」が、大きく影響しているようだ。大人になった今、これを修正するのは難しいかも知れないと述べている。確かに、どうやったってゴキブリを好きになれそうにない…。

 

ABC理論で考えてみる

「ABC理論」をご存知だろうか。これは心理学者アルバート・エリスが1955年に提唱した理論である。ABCとは、次の3つを意味する(WIKI調べ)。

・A(Activating Event)→出来事
・B(Belief)→解釈や思い込みなど物事の捉え方
・C(Consequence)→結果として表れた感情や気持ち

私たちは、目の前に起きた出来事に対し、「嬉しい」とか「悲しい」などの感情を抱く。そのため私たちは単純に、このときの因果関係を「A(出来事)→C(結果として現れた感情)」であるかのように思い込む。

ところが実際は、C(結果として現れた感情)を引き起こしているのはA(出来事)ではなく、その出来事をどう解釈したかという「B(物事の捉え方)」によるのだ。これがABC理論と呼ばれるものである。

 

ABC理論の具体例

ここで、ABC理論の具体例を挙げてみよう。同僚の娘さんのお話しから考えてみたい。「病院受付業務」をしている娘さんの、仕事場でのお話しから。

 

Nさん
昨日、娘が携帯の調子が悪くて気持ちが落ちてたんだけど、でも今日良いことがあったんだぁって言ってね。仕事中にこう言われたんだって。「時々来るおばあちゃんが、わざわざ受付の私の所に来てね。いつも素敵な笑顔と優しさをありがとうって言ってくれたんだぁ。凄いよね…。そういうことをわざわざ伝えに来てくれるおばあちゃんって凄いよね…ありがたいよね…」って。それで、私は褒められたことよりも褒めてくれた人を凄いと言った娘に、ちょっと感動したの…。

 

「褒められた自分が凄い」と自慢しそうな所を、「褒めてくれたおばあちゃんの心遣いが凄い」と言い放った娘さん。素晴らしい感性だと思う。更に言えば、その娘の何気ない言動に感動する、お母さんの感性も素敵だと思った。

今回の話しをABC理論で捉えると、以下のようになろう。

A(褒められた)→B(物事の捉え方①)→C(褒められた私が凄い)
A(褒められた)→B(物事の捉え方②)→C(褒めてくれたおばあちゃんが凄い)

物事の捉え方Bによって、結果Cが変わってくるのだ。この考え方は「認知のゆがみ」などとも表現され、ビジネスの世界やカウンセリング、うつ病対策など様々な形で用いられている。

 

ゴキブリを好きになる為には…

もしかしてこの方法論を使えば、ゴキブリを好きになれるのかも…。

A(出来事)→  B(物事の捉え方)→  C(結果として現れた感情)

これがABC理論。

A(靴の中にゴキブリがいた)→  B(どす黒い色、テカテカしたツヤ、見ただけで寒気がする)→  C(ゴキブリ嫌い!)

これが「」の感情。この非合理的な信条Bに対して、論理的な反論や有効な反駁をすればいいのか。

A(靴の中にゴキブリがいた)→  B(ゴキブリは嫌われながらも涙をこらえて頑張って生きてるんだ)→  C(ゴキブリ君が愛しい)

 

んー難しいかも…。

 

<おまけの4コマ漫画>
『作業療法士Oさんの素敵な物事の捉え方』