当ホームページ読者の皆様へ

読者の皆様、いつもありがとうございます。当ホームページ管理者「理学療法士H」は、『こころのて整体院〜キネシオロジーと波動療法の専門店』を運営しております。どこに行っても治らない痛み、心の痛みなどご相談下さい。

詳細はこちらへ、お客様の声はこちらへ、ご予約はこちらからどうぞ。

 

独り言

(独り言)1日1食で生きていけるのか

2018年11月21日

 

1日1食。

今の自分の生活スタイルである。

かれこれ20年以上続いている。

 

 

きっかけは「仕事の忙しさ」から。

昼休みが取れないほど忙しい時期があって、面倒で昼食を摂らなくなった。

朝は眠くて食べてない。

 

 

もともと食に対する興味は無く、

食べないで生きていけるのなら、こんな素晴らしいことはないのになぁ…と思う。

一粒で一日分の栄養を摂取できる宇宙食が欲しい。

 

 

さて、こんな話をすると、必ず皆に言われることがある。

「そんな不摂生な生活続けてたら、いつか身体を壊すよ」

「若いうちはいいけど、年取ったら絶対身体がダメになるから」

「宗教でもやってるの?」

 

 

必ず好奇な目で見られ、人格を疑われる…。

 

 

そこでインターネットで調べてみた。

一日一食の「利点」「欠点」を。

今の自分に合致しているかを考察してみよう。

 

 

<利点>

〇交感神経優位となり記憶力が高まる

(現実は→47歳になり、認知症が進行中)

〇疲れ知らずで頭が冴える

(現実は→階段上るのが疲れて息切れする)

〇内臓を休めることが出来る

(現実は→ストレスで胃が痛い)

〇見た目が若くなる

(現実は→白髪が増えた)

〇食費が減る

(現実は→これは確かに大きい)

〇ダイエットできる

(現実は→62kg、BMI 22を20年間キープしている)

〇1.5倍長生きする(動物実験より)

(現実は→まだ死んでないから分からない)

 

 

<欠点>

〇血糖値の変動が大きくなる

(現実は→特に変化なし)

〇痩せる

(現実は→現状維持している)

〇周りの人に好奇な目で見られる

(現実は→これは本当! 宗教やってると思われる)

(現実は→風邪をひくと「ほら、食べないからだよ!」と言われる)

〇LDLコレステロールが増える

(現実は→確かに高い。何故だ?)

〇食事が偏る

(現実は→弁当ばかりだからなぁ…)

 

 

有名人でも実践している人が沢山いるんだよね。

<一日一食の有名人>

・高橋一生

・西川貴教

・タモリ

・片岡鶴太郎

・内村航平

・ビートたけし

・南雲医師

・ガクト

・福山雅治

 

 

結論。

『人間は1日1食、1000kcal 以下でも生きていける(20年超の実験より...)』

良い子はマネしないでね…。