レスポンシブ記事上部

「急性増悪等の特別指示」について

→参照先(指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(訪問通所サービス、居宅療養管理指導及び福祉用具貸与に係る部分)及び指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について

 

4 訪問看護費

(19)主治の医師の特別な指示があった場合の取扱い

利用者が急性増悪等により、一時的に頻回の訪問看護を行なう必要がある旨の特別指示(訪問看護ステーションにおいては特別指示書の交付)があった場合は、交付の日から14日間を限度として医療保険の給付対象となるものであり、訪問看護費は算定しない。なお、医療機関の訪問看護の利用者について、急性増悪等により一時的に頻回の訪問看護を行なう必要があって、医療保険の給付対象となる場合には、頻回の訪問看護が必要な理由、その期間等については、診療録に記載しなければならない。

 

関連コンテンツ

レスポンシブ

投稿日:

Copyright© 4コマ漫画で考えるリハビリ脳の作り方 , 2018 All Rights Reserved.