ダイソー商品でリハビリシリーズ

ダイソー活用術(2) ~指し棒で巧緻性訓練~

投稿日:2016年11月30日 更新日:

 

ダイソーで安価に買えて、簡単に出来るリハビリをご紹介しよう。今回は「指し棒」を使ったリハビリをどうぞ。

 

 

伸び縮みする仕組みを利用する

今回は、長さを調整できる「指し棒」を使って、腕と指のリハビリを行なってみよう。

 

 

棒を立てて使う

土台を用意し、そこに「指し棒」を立てる。伸び縮みが出来るように、しっかりと縛り付けよう。

 

 

牛乳パックを工作する

牛乳パックを用意し、2cm程度の厚さで輪切りに切り落とす。

 

 

方法

①椅子に浅く腰掛ける
②背もたれから体を離し、背筋を伸ばす
③牛乳パックの輪を持ち、「指し棒」へ通す
④高さを変えながら、ギリギリ届く高さを設定する
⑤反対の手は、指を開いてテーブルの上に置いておく

 

 

回数

・左右10個×2セット

 

 

効果

・上半身の筋力や柔軟性が獲得できる
・体幹筋力が鍛えられ、座位姿勢が正しくなる

 

 

リングや洗濯バサミを使う

小さなリングや洗濯バサミを使うことで、腕の挙上だけでなく、手指の巧緻性も獲得できるので、試してみよう。

 

 

ご精読ありがとうございました

 

-ダイソー商品でリハビリシリーズ

Copyright© 4コマ漫画で考えるリハビリ脳の作り方 , 2019 All Rights Reserved.