老健の理学療法士が「介護とリハビリ」について考えます。

4コマ漫画で考えるリハビリ脳の作り方

ダイソー商品

ダイソー商品の活用(32) ~車椅子用横倒れ防止クッションの当て方~

投稿日:2017年8月23日 更新日:

車椅子上で横倒れしてしまう利用者様がいます。何とか修正を試みますが、なかなか難しいですよね。前回「ダイソー商品の活用(31)」において横倒れ防止クッションを作ったのですが、今回はそのクッションの「当て方」について考察しました。

「いつも左に傾いているSさん」のクッションを作りながら、一緒に考えてみましょう。

 


 

■材料
・クッション1枚(200円商品)
ヒモが付いているものを選びましょう。
ブロックに分けられているものを選びましょう。

 

・ビーズクッション1枚(200円商品)

 

・裁縫道具(100円商品)

 

 

■作り方
①クッションの端に切り目を入れます。

 

②ブロックに分かれた端1/3の綿を抜きます。

 

③ビーズクッションを差し込みます。

 

④縫い付けます。

 

⑤出来上がり。

 

⑥車椅子にヒモで縛って使います。

 

 

■横倒れ防止クッションの当て方
いつも左に傾いているSさんに対して、先ずは傾く原因を評価しなければなりません。例えば骨盤の部位が影響を与えているのであれば、座面を調整すれば良いかも知れません。下肢の拘縮等によるものであれば、フットレストやレッグレストで調整が効くかもしれません。もしかしたら右臀部に痛みがあって、身体を左に傾けているのかも知れませんね。

今回は単純に、一番簡単に調整できる「背当て」について考えてみます。真っ先に思いつく方法は、下図のような「丸めたクッションを挟むこと」でしょうか。

 

下図のような姿勢を見た事があるでしょうか。実は、Sさんのように傾きが強い場合、アームレストを境にクッションが折れ曲がってしまい、身体を支えることが出来なくなってしまうんですね。

 

さて、今回作成したクッションですが、ポイントは「ヒモが付いていること」なんです。

 

クッションのヒモをしっかりと車椅子に縛り付けると、クッションが外側へ折れ曲がろうとする力を相殺してくれるんですね。

 

とても単純な発想で拍子抜けしたかと思いますが、意外と見落としてしまう視点だと思います。お試し下さい。

 

 

【追記 ~クッションが汚れた時の洗濯について~】
汚れた時の対策で、ダイソーの「クッションカバー」を付けてみました。

①チャック付きのクッションカバーを購入します(1枚100円)

 

②作成したクッションを差し込みます。

 

③ヒモを出すための穴をあけ、ほつれないように補強しましょう。

 

④これなら汚れても、カバーだけ洗濯が出来ますね。

 

 

 


 

WPパソコン

WPパソコン

-ダイソー商品

Copyright© 4コマ漫画で考えるリハビリ脳の作り方 , 2017 All Rights Reserved.