老健の理学療法士が「介護とリハビリ」について考えます。

4コマ漫画で考えるリハビリ脳の作り方

おすすめ記事

1

さて今回は「常識を疑え」シリーズの第5弾です。ここまで、介護の「常識」と呼ばれるものについて、ちょっと違った角度から論じてきました。賛否両論あるとは思いますが、このホームページを機に「介護」という仕事 ...

2

「器の大きな人になりたい」「心の広い人になりたい」と思います。しかしどうやって器や心を鍛えればよいのでしょうか。身体を鍛えたければ、筋力訓練をすれば良いでしょう。頭が良くなりたければ、勉強すれば良い話 ...

3

「パタカラ体操」をご存知でしょうか。病院や施設で食前体操として行われることが多い体操です。今回はこの体操の意味について考えてみましょう。 ■体操の効果 この体操には、様々な効果があると言われています。 ...

4

■先ずは4コマ漫画で考えてみましょう 「のりしろの仕事」をご存知でしょうか。この概念は、現在の仕事を円滑に行なうための必要不可欠のものであると考えています。先ずは4コマ漫画から…。 『のりしろの仕事』 ...

頭と骨盤の均衡がとれてから立上る 5

「良い方の足なんだから、自分で動かして下さい!」 移乗介助の時に、こんな言葉が聞こえてくる事があります。実は、介護技術が上達するためのポイントの一つに「重心移動」という視点があるんですね。今回は、3つ ...

トップページ下部

Copyright© 4コマ漫画で考えるリハビリ脳の作り方 , 2017 All Rights Reserved.